呼吸

毎日を自分と賭けをするように
心臓を動かしてる 時の雫垂れるように

コンクリートに埋まった空気のようで

鏡に映った君の右手が

僕から見たら左手のように感じて


君から必ず送ってくれた

えんぴつのようで刺された跡が

黒く赤く青く残ってしまうように


柿の色から桃の色に変わって空へ消えてゆく

0コメント

  • 1000 / 1000